ベルビーグループ Bell Be Group

お問い合わせ / 0120-01-1899(西尾本店 10:00~19:00)
MENU

カテゴリー :

美肌

日焼け止めの吸収剤と錯乱剤の違い

いつもありがとうございます。

BBシャオ西尾店の榊原です(^^)

 

梅雨に入ってはいますが、晴れた日は紫外線の強さを日々感じますね💦

日焼け止めはしっかり塗って下さいね❗️

 

 

日焼け止めには大きく分けて、

①紫外線吸収剤②紫外線錯乱剤

の2種類があるのをご存知ですか❓

 

 

皮膚の表面で吸収した紫外線を、化学的にエネルギーに変えて放出するのが、

紫外線吸収剤です。

 

①紫外線吸収剤

【メリット】

紫外線防止効果が高い

塗り心地が滑らか

白浮きしにくい

【デメリット】

肌への負担が大きい

肌荒れのトラブルを起こしやすい

化学変化を繰り返す

 

※紫外線吸収剤の代表成分

・t-ブチルメトキジペンゾイルメタン

・メトキシケイヒ酸エチルヘキシル

・オキシベンゾン-3

 

 

 

肌の表面で紫外線を跳ね返し、紫外線が肌に浸透するのを防止するのが、紫外線錯乱剤です。

 

②紫外線錯乱剤

【メリット】

化学変化を起こさない

肌への負担が少ない

【デメリット】

白浮きしやすい

ベタつく

使用感が悪い

 

※紫外線錯乱剤の代表成分

・酸化チタン

・酸化亜鉛

・酸化セリウム

・カオリン、タルク

 

 

 

散乱剤入りの日焼け止めの多くは、「ノンケミカル」と表記されています。
また、紫外線防止効果が長時間続くのも特徴です。

 

 

日焼けをしっかりと防止したい場合は、

紫外線吸収剤配合の日焼け止めを。

 

 

肌への負担を軽くしたい場合は、

紫外線錯乱剤配合の日焼け止めを選ぶとよいでしょう。

 

日焼け止めは顔用とボディ用で分けて使って頂くのもおすすめです。

 

 

成分の特徴を確認した上で、使用シーンや使い心地などを考慮し、自分の肌に合った日焼け止めを選びましょう。

 

 

また、日焼け止めだけに頼るのではなく、日傘や帽子、アームカバーなどのアイテムも合わせて使用すると、肌への負担が減り、日焼け防止効果も高まります。
しっかりと紫外線対策をして、日焼け知らずの美肌をキープしましょうね‼️